<< ほんま、久しぶりです | main | じゃばら飴 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
3.11未来へつなぐバトン
 あの大惨事、大震災から二年。改めて東日本大震災の犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、一日も早く復興致しますことを願っております。

さて、昨年から出荷されております、宮城県の一ノ蔵さんの『特別純米酒生原酒3.11未来へつなぐバトン」が入荷いたしました。

被災した子供たちの支援活動のために、ハタチ基金へ売り上げ全額を蔵元より寄付をするというプロジェクトです。

1年目は皆様の温かいご支援で685万円分を全国の酒屋さんが販売し、西宮や東京のハタチ基金へ寄付いたしました。

尚このプロジェクトは震災当時の0歳児が20歳になるまで続けるプロジェクトです。

1.8L 3100円.720ML 1550円 税込み

酒の雑学・こぼれ話
ウィスキーの炭酸割をなぜハイボールといういのか?

時はアメリカ西部開拓時代、当時のアメリカ人は西部と東部にまたがるロッキー山脈にトンネルを掘って東西をつなぐのが悲願でした。
しかし、この工事に反対する原住民がいた。インディアンです。
原住民のインディアンは東部から人が入ってきて土地を奪われるのではないかと、このトンネル工事に抵抗したのです。
そこでインディアンの襲撃を事前に予測するため、気球を飛ばし、
上空の気球から様子を見てインディアンの襲撃を予測したことで
襲撃を最小限に抑えることができました。そして1865年5月10日
 トンネルは見事に貫通しました。ここでトンネル工事に携わった全員が感謝の握手を交わし「気球のおかげで成功した!」と乾杯をしたのがウィスキーのソーダ割だったそうです。それ以降、ウィスキーの炭酸割を気球、すなわち「ハイボール」と呼ぶようになったのです。知ってました? 




| 日本酒 | 09:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| - | 09:17 | - | - | - | - |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック