スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
こっちをおすすめします
4月に入り下界の三宮では桜も満開し、場所によっては散り始めてるところもありますが、鈴蘭台はあと少しで満開です。有馬も同様みたいです。今年は例年より早かったみたいですが、花見を忘れた方、まだ間に合います。三宮から電車で30分、ぜひ北区の玄関鈴蘭台へお越し下さいませ。

さて、数ヶ月前から、よく目にする焼酎があります。そう一時は市場から姿を消し一升で4000円ぐらいで
販売された、屋久島の三岳。

ブームが終焉し、鹿児島の問屋さんが地元ではあまり売れなくなったため、今まで縛りを掛けていた
関西に営業事務所を構え販売し始めたのです。あと蔵も増石したようです。

まぁ当店もそんなおこぼれで毎月入荷していますが・・・・

確かに三岳も美味し焼酎ですが、モット美味しい愛の入った手造りで醸す屋久焼酎があるのはご存知ですか?

これです↓これ



新婚ほやほや♪りっちゃんが造りあげる。生粋の屋久焼酎。麹室で丁寧に造りあげた米麹、屋久島産のシロユタカを原材料に和甕で仕込み蒸留された、「屋久島の大自然林」。

屋久島は山と海に囲まれ芋を作る畑も非常に少なく収穫される芋も希少。屋久島の焼酎蔵は2蔵、そのなかでも屋久島産を100%使用しているのは数少なく、ほとんどは鹿児島県産を使用しています。

この「屋久島の大自然林」は南国のパッションフルーツを思わせる香りに軽やかな口当たりでしっかり芋の甘みも楽しめる味わいです。

三岳もいいけどこの屋久島の大自然林をよろしくお願いします。

1.8L 2520円 720ML 1302円


酒の雑学・こぼれ話

日本で最初にお燗酒を発案した人物は誰か?
酒を温めて飲むという世界でも大変珍しい「お燗酒」を最初に発案した人物は誰か、知ってますか?それは嵯峨天皇に仕えた藤原冬嗣という人物。「貞順故実聞書条々」によると、西暦830年ごろ、桓武天皇の皇子である嵯峨天皇が秋の狩りに出かけた際、寒くなったため、随行の左大臣、藤原冬嗣が酒を温めて献上したところ、嵯峨天皇が大変喜ばれたとのことが記録されています。そこでこの故実をもとに、酒の燗は重陽節 (9月9日)から翌年の3月2日までと記録されています。

ちなみにお燗の「燗」の字は「火」と「間」からできているように「冷と熱の間」という意味だそうです。つまり、熱すぎず、冷たすぎずということから人肌の燗が喜ばれるという意味からできた文字だとか。知ってました?

■お燗の名称 
・日向燗(30度前後)※ひなたかん
・人肌燗(35度前後)
・ぬる燗(40度前後)
・上燗 (45度前後)
・熱燗 (50度前後)
・飛び切り燗(55度前後)

※これは酒器に入れるときの温度で、盃に注いだときはこれより約2度下がります。









| 焼酎 | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いもいも
春の嵐です。朝から凄い風が吹く鈴蘭台です。

本日のご紹介は、僕が芋焼酎のイロハを教えて頂きました、小正醸造さんから季節限定の「蔵の師魂いもいもい」です。




通常芋焼酎は、米で麹を造り一次仕込みを行い、二次仕込みで蒸した芋を入れます。
「いもいも」は一次も二次も芋を使用します。
からいもの先生といわれてる「東馬場農園で育ったさつま芋を用いて、手造り蔵師魂蔵で丁寧に仕込み木桶蒸留器で蒸留いたします。

味わいは芋麹全量ならではのすんなり入る口当たり、優しく鮮やかな味わい、心地よい余韻が楽しめます。

只今ご予約受付中です。 締切3月30日 


蔵の師魂いもいも25度1.8L3150円 720ML1575円


酒の雑学・こぼれ話

送別会・花見・歓迎会のシーズンです。アルコールの接収量が多くなるこの時期に二日酔い防止策をご紹介しましょう。

《寝る前にポカリスエットをたっぷり飲む》
これは非常に効果があります。飲み過ぎて寝ると、夜中に喉が渇いて起きますがポカリスエットを飲んで寝ると、喉が乾きません。他のスポーツドリンクでも試したんですが、やはりポカリが一番いいようです。しかも酔い覚めさわやか!

《柿を食べて寝る》
柿には二日酔いにいいという科学的根拠があるの、知ってます?
柿に含まれるペクチンやタンニンが胃壁からのアルコールの吸収を抑える働きをします。また、柿はビタミンCが豊富で副腎の機能を回復してくれます。さらに柿には利尿作用があり代謝をよくします。

《酒を飲むとき、タンパク質を多めに取る》
肝臓の栄養分はタンパク質です。だから、つまみはタンパク質をたっぷり多めに取るのが肝臓にやさしい飲み方。お酒を飲む前に牛乳を飲むと悪酔いしないという説がありますが、これも理にかなっているのです。

《それでも二日酔いで目が覚めたら?・・・》
濃いお茶を飲む。建保2年(1214年)鎌倉幕府3代将軍の源実朝がひどい二日酔いをしたとき、臨済宗の開祖「栄西」が濃い目のお茶を勧めたそうです。すると実朝の二日酔いはすっかり治ったそうです。鎌倉幕府の日常をつづった「吾妻鏡」に出てくる有名なエピソードです。


| 焼酎 | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
茶わん 焼酎の会

 
真ん中 茶わん よっつん 左大番頭 古河さん 右 古河さん弟 のり吉くん大西さん

秋は日本酒の会が多いですね。「焼酎の会ってないの?」とお客様から問い合わせされることがあります。そんな焼酎ファンの方にお知らせです。

9月22日の土曜日に茶わん(三宮生田新道ビルB1)では初の焼酎の会を開催します。

蔵元さんは蔵の師魂などでお世話になっております小正酒造さん
...

当日は大番頭さんにお越しいただき、蔵元さんを囲んでわいわい楽しく呑みましょうという会です。
当日は超レアな当日限定の●●蔵が出品します。

以下詳細です
↓↓↓↓↓

日:9月22日土曜日
時:18時〜
会費:4000円
内容:料理5品と小正さんの焼酎5種類と梅酒と蔵元さんのお話。

申し込みは
078−391−4008 茶わんまで

もちろん初心者大歓迎。お気軽に!!
| 焼酎 | 09:03 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
今年も始まりました。
 おはようございます。 昨日から通常営業しています。お盆は広島の大久野島に遊びに行ってきました。一月にナニコレ珍百景にもでていて、特に今夏はなかなか予約を取ることが難しく、たまたまキャンセルがでて行くことが出来ました。

朝から夕方まではプールや海。そして夕方にはサイクリング、テニス、釣りといろいろ楽しむことが出来ます。島には兎が約300匹放し飼いになっていて、餌をあげることができて息子は大喜びでした。

大久野島おすすめします。

さて、本年度も芋焼酎の造りが始まりました。蔵元に聞きますと、日照不足のため前半の芋はやや小さめですが、後半は芋も大きくなり良くなってくると言うことです。

楽しみに待ちたいと思います。新焼酎の販売は10月上になります。どうぞお楽しみにお待ち下さい。




| 焼酎 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夏の終わりに
 おはようございます。8月に入り暑い日が続いておりますが、夏バテなど大丈夫でしょうか。
当店のお盆休みをお知らせ致します。

8月14日(日)〜8月17日(水)まで

お盆前後は混雑が予想されて、お気に入りの商品がない、品切れする場合も御座いますのでお早めにご注文御願いします。

さて、盆明け夏の終わりに西明石は西明石ホテル善柞さんで芋焼酎「蔵の師魂を楽しむ会」が開催されます。当日は僕も出席し皆様とご一緒に楽しみたいと思っております。
お近くのお住まいの方、よろしければ申し込み御願いします。蔵の師魂大番頭の古河氏もわざわざ鹿児島から駆けつけてくれます。

申し込みは西明石ホテル直通078−928−0246迄

| 焼酎 | 09:06 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
8月上旬
 あと四日で7月も終わりますね。早いものです。日本酒蔵からは、はやくも秋酒冷やおろしの案内が
届いております。正直ピーンっときませんが、なくなりそうなのは予約しておきます。

夏生もそうですが、冷やおろしもせめて10/1日本酒の日に一斉蔵出しとかがええのになぁって感じ。焼酎の芋は8月中旬から本年度仕込みが始まります。昨年は芋の収穫量も少なくいろいろ大変だったけど、今年はどないやろぅか?焼酎蔵の蔵子の皆さんどうぞ万全の体調でスタートしてください。

さて、この間の焼酎の会で大人気だった「武者返し長期貯蔵古酒」

8月上旬に発売できると昨日、絹子さんから電話で聞きました。

ブッラクの武者返し25度1.8L 3150円

この焼酎はタンク一本しかありません。その為販売できるお店も限られております。
ご利用の方ぜひ当店までご連絡ください。

当店は本気で生粋の球磨、ザ球磨焼酎 寿福酒蔵を応援しております。
飛び抜けた旨さ、米の甘さが包み込む男前な?女前な武者返しをよろしくお願いします。






| 焼酎 | 13:18 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
焼酎の会 その二
飲食店様限定の試飲会「神戸で逢いましょう」が16時に終わり、その後18*30からは第6回蔵元とじっくり呑む会です。

昼の部が終わってすぐなので、佐多宗二商店の一平君からは「吉田さん 働かせますね〜」って
蔵元の皆さんは少々暑さでバテ気味。

 寿福絹子さんからのお声掛けで始まったこの回も、6回目です。始めは鈴蘭台で2蔵で始めました。今は仲のいいウチの柱商品の4蔵(蔵の師魂・長雲・晴耕雨読・武者返し)で毎年やっております。


当日は超満員で、中には奈良県からご参加頂いたお客様や第一回からお越しになっているお客様もおられました。

ほんとありがたいです。

僕もお客様と一緒にわいわい愉しみ呑みたかったのですが、ホスト役に徹しておりました。

そのため写真撮るのわすれました。すみませんです。



今回美味しい鶏料理をだして頂いた「鶏工房 喜輪」さん 本当に大サービス有り難う御座いました。

そして毎年神戸に集まって頂いておりますお蔵元のみんな。ありがとう!また来年も神戸で逢いましょうね。

最後に今回ご参加頂きました、お客様本当にありがとうございました。楽しいひとときを一緒に過ごさして頂き、感謝申し上げます。来年もまた企画したいと思います。何卒その際はよろしくお願いします。あと4蔵の素晴らしい焼酎をコレからも応援よろしくお願いします。


感謝



鶏工房 喜輪 078-332-2929
兵庫県
神戸市中央区中山手通1-4-21 加古ビル B1F


| 焼酎 | 11:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
焼酎の会その一
お久しぶりです。7月に入り、予想はしていましたが超〜忙しく、ブログも放置状態。今日こそはと思い配達、来店の少ない朝一でかく事に決めました。

さて、先週のことですが、蔵の師魂の古河様・佐多宗二商店の矢部様と一平君・寿福酒蔵場の絹子さん・亮子さん・長雲の山田君をお招きして毎年大好評の焼酎の会を行いました。

7/7はビジネスパートナーであります谷上の「きてや」さんが蔵の師魂を楽しむ会、二宮の「いもや」さんで「長雲の宴」を行い

7/8は当店の飲食店様限定「地焼酎試飲会神戸で逢いましょう」とその夜一般のお客様と一緒に「蔵元とじっくり呑む会」の4連チャン。

まずは飲食店様限定の「神戸で逢いましょう」の内容です。

いつもは6月に行っていましたが、今年は都合により7月開催になりました。7/7は大雨。翌日の
7/8は梅雨明け。鬼のような暑さの中真っ昼間から兵庫県県民会館の一室で行いました。



月始めの金曜日にもかかわらず、沢山の熱心な飲食店様が来て頂きました。

熱い想いをもった飲食店皆様の熱気で会場内は激暑でサウナ状態。ほんま暑かったです。
なかでも人気を集めたのは、球磨焼酎の武者返し直燗ロック。寿福亮子さんが造る直燗ロックに皆さん「こんなあまなるんや!」って感心してました。

あと蔵の師魂蒸留元からの新発売「市助」、佐多さんの夏季限定「梅シャン」山田くんの「一番橋」

ほんまみんな熱心に蔵元の話を聞いていました。

この会に参加頂いた超ー熱く語ってくれる事間違いない飲食店様をご紹介します。屋号だけですが
詳しく場所等を知りたい方は、僕に聞いてくださいね

長田区  鳥丸様
三宮    茶わん様
灘区    雅夢蘭様
神戸駅  自然家様
灘区    くにや様
三宮    いわし屋様
灘区    たまいち様
北区    有馬 欽山様
三宮    佐津満鮨し
長田区  今井やん様
西宮    胡椒亭様
西宮   さくら亭様
三宮   たくま様
三宮   播州地酒・ひの様
三宮  やきとん龍様
三宮  やきとん龍家様
灘区  酒亭ひろ様
三宮  箸処む様
三宮  三萩乃煉様
三宮  バーモーム様
三宮  寿しあおやま様
元町  のり吉くん 元町店様
神戸駅のり吉くん神戸店様
三宮  食彩工房いちにっさん様
三宮  才谷梅太郎様
三宮  焼酎ダイニング宴陣様
三宮  焼酎バー暁様
三宮  飲de安様
三宮  たちきや様
二宮  いもや様
大阪  さいたま家様

金曜日の仕込みが超忙しい中本当に有り難う御座いました。
この夏うまい焼酎を飲ましてくれること間違いない飲食店様です。ぜひ行ってください。

 
| 焼酎 | 10:23 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
球磨焼酎
今日も蒸し暑い。 こんな夜はオンザロックで旨み、愛情たっぷり球磨焼酎をおすすめします。

疲れをとり、ゆっくりと深い眠りにつけます。



新米の熊本県産ヒノヒカリを使用し手づくりて丁寧に温かく造りあげられたザ・球磨焼酎「武者返し」
球磨唯一の常圧蒸留のみの蔵元です。


美味しい飲み方

まずは生のまま温めてください。ほっくらと湯気がでたら、火を止めて氷りたっぷりのグラスに注ぎお飲み下さい。 通常のオンザロックも美味しいですが、一度お燗することでより一層原料のよさ旨み、甘味がじわ〜って出てきます。

球磨焼酎って
米のみを原料として人吉球磨の地下水で仕込んだもろみを人吉球磨で蒸留し、びん詰めしたものです。

って球磨焼酎組合のHPに書いてありましたが、当店がおすすめしたい球磨焼酎は地元熊本県産の米を使用し、昔ながらの製法で造りあげ球磨の気候風土で貯蔵、瓶詰めされたものと考えておりますし、そういう蔵元を応援したいと思っています。

がんばれ 寿福酒造場

ちなみにコレ↓球磨焼酎のロゴです。

| 焼酎 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いもやさん市助の宴
先週の金曜日17日に二宮のいもやさんで蔵の師魂大番頭古河さんを招いて「市助の宴」が行われました。

仕事を少し早めに終わらせお手伝いに行ってきました。


開宴から10分間は古河さんから芋焼酎の作り方や飲み方などのレクチャーが行われその後、丹波の新鮮な野菜を中心とした焼き物や丹波地鶏などと合わせ、楽しい時間を過ごしました。

前菜盛り 鶏味噌、レバーペースト、サニーレタス、マノアレタス、大根、ニンジン

鶏手羽と大根の煮物

串焼き ズッキーニ、新玉葱、醤油漬うずらたまご

炭火焼丹波鶏、マッシュポテト

味噌焼きおにぎり すもも漬

ほうじ茶(アグリヘルシーファーム)

極上蔵の師魂・蔵の師魂・蔵の師魂前割・紫師魂・市助・秘蔵梅酒・仕込み水

いもやさん・古河さん、お客様有り難う御座いました。




書くのを忘れていました↑彼のこと

いもやさんのお友達のパン屋さんが当日彼を誘い同級生3人と会に参加されていました。
魚住の酒蔵来楽の茨木くんです。
普段飲まない。飲むことがない焼酎をたらふく飲んでました。 あまりにも美味しいのでビンにかぶりついています。

次回は7/7に「いもやさん078−222−0248」で七夕の日に奄美は山田酒造(長雲)の山田君の会が開催される予定です。

又同じ日7/7に北区 谷上のきてやさん(餃子専門店TEL078−582−1369)でも蔵の師魂を愉しむ会が開催させます。

参加希望の方は当店まで連絡下さるか、直接お申し込み下さい。


| 焼酎 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |